大統領選挙から二週間が経ち、前回のブログ更新から二ヶ月経ってしまいましたが、みなさんお変わりはないでしょうか?ああいう人間が大統領に選ばれてしまう、というアメリカ。世も末です、、、。

 

僕がアメリカに来た頃は、例えば、道を歩いていると、「自分の国へ帰れ、この東洋人が!」とかすれ違いざまに吐き捨てられたり、演奏しててもヤジられたりビール瓶飛んできたりとか。そういうことが結構あったのですね。アメリカ南部のニューオリンズ、という人種差別が強い土地柄ももちろんあったと思うのですが、徳の低い白人たちの振る舞いが酷かったのです。

 

それから年月が経ち、オバマさんが大統領になって、本当にいろいろ変わったのですね。人種や肌の色を超えて、お互いを尊重し合えるような、そんな空気になって来ていました。黒人奴隷や外国からの移民が建てたホワイトハウスに、黒人であるオバマさんが大統領として初めて入った日は、本当に感動的でした。

 

そして今、トランプ、という。アメリカにいる大多数の人は、やっぱり白人で、彼らにしたら僕らのようなマイノリティが社会に出てくるのは許せないんです。それが今回の大統領選の結果に出たと思います。

 

あの頃のような、ギスギスとしたアメリカに戻ってしまうのでしょうか、、、。

 

 

Written by タカ

音楽家。ギター製作家。ヒューストン・テキサス在住。

2 Comments

博雅

お久しぶりです。タカさんお元気でしたでしょうか。

今回の選挙については、選挙人や選挙の方法有権者登録とかの歪みについていろいろ指摘されているようですが、トランプは(娘を介して)むしろそれを告知して自分の支持者に投票を促したとかで、それが本当なら完全に民主党の作戦負けですね。トランプに負けるわけがないという慢心があったのでしょうか。民主党のダメな部分が現れた気がします。

CNNNが日本の政治家の発言を捻じ曲げて報道し「日本のトランプ」などと糾弾していたりしていたので、左翼メディアがもともと右翼的な傾向の人を焚きつけちゃった感じかなと思いました。

Reply
タカ

お久しぶりです。

まったく、おっしゃる通りです。トランプは、データ分析の専門家を雇って、郊外に住んでいる低所得の白人層のデータを徹底的に分析・収集してたそうです。

彼らをうまく扇動して当選させたのは、まぁ、さすがビジネスマンと言わざるをえませんが、、、。

選挙の日からメディアや新聞の類は一切、見たり読んだりしなくなりました。次の選挙までの4年間、見るつもりもありません(苦笑)。

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です