マッカーサー・エボニー。

 

久しぶりの交信ですが、いかがお過ごしでしょうか?ちょっと前の作業ですが、ヘッドストックを仕上げました。

 

head - 1

head - 2

 

 

裏にはマッカーサー・エボニーのベニアを貼ります。

head - 3

 

 

ベニア・ハンマーという道具を使います。売ってるの見たことないので自分で作りました。ハンマー、というのは名ばかりで、叩いては使いません。

 

head - 4

 

このハンマーにはブラス(真鍮)の細い板が埋め込んであって、ハイドグルー(ニカワの接着剤)を塗ってベニアを貼り付けたら、その上からギューッ!と接着剤を押し出すことで、不思議なのですが、ベニアがピッタリ、もうね本当にピッタリくっつくのです。クランプも必要ありません。接着剤を押し出したらそのまま放置です(笑)。アンティーク家具の修理を趣味でコツコツ学んでいるのですが、そこでこの方法を知りました。昔の職人さんはスゴイですよね。よく知ってるし、頭を使って物作りしてたなぁ、って感じます。アメリカでは昔ながらの伝統的なアンティーク家具の職人さんは、残念ながらご高齢の方ばかりで、現役の職人さんは極少数です。一人やっと見つけて連絡したことがあったのですが、残念ながらご高齢と病気で療養中とご家族から返信が来ました。

 

head - 5

 

 

で、こんな感じになります。薄いベニアを平面にピッタリ接着するのって意外と難しい(僕にはですけど)のですが、完全に平らに接着できてるのが見て取れますよね。

 

head - 6

head - 7

head - 8

 

 

表はガッツリとエボニーで。
head - 9

 

2 Replies to “マッカーサー・エボニー。”

  1. おひさしぶりです。
    家具の化粧板ってこうなってたんですね!
    インスタの方でも動画を拝見したのですが、もしかしてラウンド貼りの指板も作れたり・・・?
    ヘッドもほんとに綺麗ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です