リペアです。日々の状況はインスタグラムにアップしていますので、そちらも覗いてみて下さい。

 

ギブソンのソングメーカーは現在は生産されていませんが、とてもユニークなアコースティック・ギターです。ヘッドストックはJ-45、ロゼッタはSJ-200、ピックガードはブルース・キング、ブリッジはウッディ・ガスリーのサザンジャンボ、という色々混ざっている変わったギターです。シタカ・スプルースにマホガニーのサイド&バック、エボニーのフィンガーボードとブリッジという組み合わせですので、アコースティックのキラキラ感が適度に抑えられて、いわゆる、“古き良きアメリカン・サウンド” がするでしょうか。

フィンガー・スタイルでジョーパス的にソロギター、あとはカントリー・ブルースとかにはピッタリかな、と。

 

 

 

Written by タカ

音楽家。ギター製作家。ヒューストン・テキサス在住。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です