FRET - 1

 

フレット仕上げて、フィンガーボードを磨きます。僕の場合ですけど、フレットのエッジ角度はほとんど垂直で、その代わりエッジを丸めています。エッジの角度があり過ぎると、演奏中に弦がフレットから落ちてしまうので、それの対処法でこういうやり方になりました。

演奏者に少しでも多くの「音の出るエリア」を提供する、という。ホントにちょっとの差なのですが、演奏者に与える精神的な安心感は大きくて、楽器に対する信頼感が強くなる気がします。

 

FRET - 2

 

演奏者の邪魔にならない、身体の一部のようなギターを創りたいな、と。

 

 

Written by タカ

音楽家。ギター製作家。ヒューストン・テキサス在住。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です