ジグ作ります。ネックには角度が付いていますので、これを使えばボディーと接着する時に真っ直ぐ均等にクランプで抑え込めます。

コルクって便利ですよね。重宝してます。

Caul - 1

 

フレンチポリッシュして完成。

Caul - 2

 

こんな感じでサンドウィッチ状態に。ちなみにネックとボディーは16フレット・ジョイント。手の大きな人でも最終フレットまで余裕です。弾きやすいですよ〜。

Caul - 4

Written by タカ

音楽家。ギター製作家。ヒューストン・テキサス在住。

2 Comments

okada

もうすくクリスマスです。そちらは寒くなっている事でしょう。
犬も喜ぶくらいに…
いいクリスマスを御過ごしください。

タカさんが知ってるギターかも?大切にされている様ですね。
ギター好きには、大切にされている様子を見ると、誰の物か
分からなくても嬉しくなっちゃいます。
https://www.facebook.com/tamariya.customguitar
(尊敬する玉利さんの仕事、きっといい具合になるんでしょう)

Reply
タカ

okadaさん。

クリスマスの日にセミが鳴いてました(笑)。

玉利さんはお話ししたことはないのですが、共通の知人がいまして、その人から色々とお話を聞いていました。素晴らしい仕事をする方、と認識しています。いつかお会いしてみたいです。

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です