先週はリペアに追われていました。クラシック・ギターのフレット交換が2本、トップとバックのクラック修理が1本。
classical repair - 1

 

 

 

交換前のフレット。フィンガーボードが波打っているので削り治す必要があります。

classical repair - 2

 

 

 

 

ハンダゴテで接着剤を溶かして、

classical repair - 3 classical repair - 4

 

 

 

抜き取ります。

classical repair - 5 classical repair - 6 classical repair - 7

 

 

 

フィンガーボードを削りましょう。No.5の鉋を使ってます。僕的には、5番があれば何にでも使えるので一番好きです。

classical repair - 8

 

 

 

フレット打っている写真撮り忘れたのですけど、打ち終わったらフレットの頂点とエッジを丸めます。この三角形のファイルが使い慣れているのでこれですべてやっています。

classical repair - 9

 

 

 

フレット交換終了。大分弾きやすくなりました。

classical repair - 10

 

Written by タカ

音楽家。ギター製作家。ヒューストン・テキサス在住。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です